Topics

プレスリリース「25%削減目標の維持を」発表しました

MAKE the RULEキャンペーン実行委員会では、「地球温暖化対策基本法案」について、民主党の小沢鋭仁前環境大臣らが、25%削減の数値目標を削除した「修正試案」をまとめているとの情報を受けて、下記のプレスリリースを発表しました。

>>プレスリリース本文(印刷用PDFファイル 18KB)
以下、プレスリリース全文

5・28シンポジウム「311震災後の地域社会をエネルギー・温暖化対策の視点でデザインする」

MAKE the RULEキャンペーンは政治的情勢をふまえて3月 末で一区切りをつけましたが、地球温暖化防止の視点で国内政策をつくり、地域社会を低炭素社会型に切り替えていく必要性はいまも全くかわっていませんし、大胆な発想の転換とエネルギー政策の見直しが今こそなされるべきです。
そこで、震災後の地域社会について、原子力発電のあり方を見直し、自らのエネルギーの使い方や節電対策、そして新しいエネルギー政策を問い直すことの重要性について考える機会として、気候ネットワークとMAKE the RULE キャンペーンの共同企画として、5月28日にシンポジウムを開催します。

>>くわしくはこちらから御覧ください

3月14・15日のイベント中止のお知らせ

MAKE the RULEキャンペーン実行委員会では、この度の東北地方太平洋沖地震の状況を鑑み、3月14日・15日のシンポジウム・イベントを中止することを決定いたしました。参加をご予定の皆様にはご迷惑をおかけすることになり申し訳ありません。今後のことはまた決まり次第ご連絡させていただきます。
今はただ皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

「地球温暖化対策基本法案」成立ならず継続審議へ

2010年12月3日

==================================
「地球温暖化対策基本法案」成立ならず継続審議へ
~次の国会では速やかな成立を!~
==================================

12月4日、気候変動グローバルアクション。渋谷でシロベエとハイタッチ!

announcement_image: 
30526927_org.jpg

日本が温室効果ガスを確実に削減するための法律の制定を求めるMAKE the RULEキャンペーンは、グローバルアクションに参加します!
メキシコ・カンクンで11月29日~12月10日まで行われる国連の気候変動防止会議(COP16)期間中、世界で同時にアクションを行います。温暖化をとめたい、という市民の声を、日本政府と各国政府に届けましょう!

<日時>  12月4日(土)11:00~12:00 
<場所>  渋谷センター街の入口付近を予定

環境大臣と地球温暖化対策に関する意見交換をしました

announcement_image: 
MinisterofEnvironment.jpg

10月14日(木)、MAKE the RULEキャンペーンに参加しているNGOの7名が、9月の内閣改造で就任した松本環境大臣、近藤環境副大臣と面会し、地球温暖化対策について意見交換しました。

2010年臨時国会での「基本法」成立を!

 観測史上最高気温を記録した2010年夏。東京などはまさに灼熱地獄でした。国内でCO2などの大幅削減に向けた温暖化対策を早く実行にうつすためにも、日本の中で中長期の目標を設定した法的基盤が必要です。

地球温暖化を防ぐ基本法の今国会での成立を求める緊急要請を提出!

6月8日、MAKE the RULEキャンペーンは、同日発足した菅内閣の閣僚及び各党党首に対して、地球温暖化防止のために一刻も早く具体的な対策の実施にふみきるよう、地球温暖化を防ぐ基本法の今国会での成立を求める緊急要請を提出しました。

参議院議員選挙候補者アンケートを行います!

MAKE the RULEキャンペーンでは、夏の参議院議員選挙に向けて候補者の皆様に、地球温暖化やエネルギー問題についてどのような立場をとっているのか、6月上旬にアンケートを送付するなど調査を行っています。その結果から、選挙区・政党ごとに一目で結果がわかるウェブサイト「未来を選べ!2 参議院選挙の候補者をエコチェック」を公開予定です。候補者の皆様はぜひ6月15日までにご回答いただきますよう、よろしくお願いいたします。なお、公開は6月下旬となる予定です。

37万人の声、請願署名を国会に提出しました!

 MAKE the RULEキャンペーンでは、「危険な気候を回避するための法律制定を求める請願署名」を集めてきましたが、これまでに累計で373,722名(2010年6月7日現在)の署名が集まりました。今国会において衆議院・参議院の議長に提出するため、3月10日の緊急集会で35万人の声として国会に届けました。その後も、紹介議員になってくださった国会議員を通じてすべての署名を提出しました。

コンテンツの配信