【広島】地域で進める脱温暖化

イベント開催日: 
2009-11-17
開催場所: 
環境保健協会 東部支所 3F会議室   

脱温暖化のまちづくりを目指し、温暖化防止に関する認識と活動を増大させるための仕組みづくりを考えるセミナーを開催します。
太陽光発電に対する日本型固定価格買い取り制度や今後の自然エネルギー普及の展望について「波に乗れにっぽんの太陽電池」の著者である櫻井啓一郎氏(産業技術総合研究所太陽光発電研究センター)に講演いただき、気候ネットワークの桃井貴子氏より、国内対策と気候保護法について報告いただきます。
地域で温暖化対策に取り組んでいらっしゃるNGO、地球温暖化防止活動推進員、自治体、地域組織の方々にご参加いただき、一緒に学び、情報を共有しながら、地域の温暖化対策の促進につなげていく道筋を考えます。

日 時: 2009年11月17日(火) 13:30~15:45
内 容:
「波に乗れ にっぽんの太陽電池」 
 講師:櫻井 啓一郎 氏 
 産業技術総合研究所 イノベーション推進室企画主幹
 著書:「波に乗れ にっぽんの太陽電池」「トコトンやさしい太陽電池の本」

「温暖化の現状とMAKE the RULE」
 講師:気候ネットワーク 桃井 貴子 氏
  
入場料:無料
定 員: 80名
会 場: 環境保健協会 東部支所 3F会議室
主 催: 脱温暖化センターひろしま((財)I広島県環境保健協会)
共 催: Make the RULEキャンペーン実行委員会

お申し込み先:
脱温暖化センターひろしま【(財)広島県環境保健協会】
〒730-8631 中区広瀬北町9-1 
電話 082-293-1512 FAX 082-293-1524  
Email:hccca@kanhokyo.or.jp

ファイルサイズ
1117セミナーチラシ.pdf219.07 KB
イベントレポート: 

【広島】地域ですすめる脱温暖化 地域セミナーin福山

2009-11-17
resize1117Fukuyama.jpg

11月17日に脱温暖化センターひろしまと共同で、太陽光発電などの自然エネルギー政策や温室効果ガスを減らす仕組みづくりについて考える脱温暖化地域セミナーを開催した。73名の参加があり、住民や事業者・行政などのさまざまな立場の人が集まり、会場は熱気に包まれました。産業技術総合研究所の櫻井啓一郎氏と気候ネットワークの桃井貴子氏をゲストに迎え、脱温暖化のまちづくりをめざした議論が活発に行われました