よびかけ人からのメッセージ

  • sakurai-up.jpg
    桜井正光
    リコー代表取締役会長執行役員

    地球環境はもはや待ったなしの状況です。温暖化防止と経済成長を両立させるためには、まずIPCC報告を踏まえた実効性のある削減目標を掲げる必要があります。そうすることで大幅な技術革新やライフスタイルの変化が促進され、低炭素社会の実現が可能になるのです。日本は低炭素社会づくりを通じて温暖化防止に貢献し、さらなる経済成長を実現しなければなりません。国、企業、そして国民一人一人が責任をもった行動をしていくためにも、日本は先進国として責任ある中期目標を設定する必要があります。”Make the Rule”キャンペーンが目標設定の後押しになることを期待します。